沿革

    
レッドバロンの拡大 レッドバロンの施策
1972 ヤマハオートセンター(株)設立。資本金100万円
 
1975 資本金1,000万円に増資
 
1976 貿易部設立。輸入外車の販売開始
 
1979 外車特約店募集開始。本社に車検ライン完成
 
 
1980 名古屋陸運局より、日本で初めて二輪専用車検工場の指定を受ける マイクロリーダーによる二輪在庫情報の一元化
 
1982 全国主要拠点の年中無休実施
 
1983 「RZ250 YAC-LIMITED」発売
 
1984 第5整備工場完成
 
1985 旭川ー鹿児島全国ツーリングネット完成 コンピューター在庫照会システム稼動
二輪流通センターオープン
 
1986 グループ研究部門「(株)二輪整備技術研究所」として独立
 
1988 本店集中車検稼動開始。高速オフセット輪転機導入 W90作戦スタート
本部事務所完成
二輪専用シャーシダイナモ「コンピュータ総合診断機ACIDM(アシダム)」開発
 
1989 100店達成記念セール開始
 
1990 ライダー専用のツーリングスポット「カイザーベルク穂高」オープン オイルリザーブサービス全国一斉に提供開始
  インターナショナルフランチャイズ募集開始 鈴鹿8耐参戦決定。「チームレッドバロン」結成
オーストラリアディーラーに資本参加
 
1991 協力工場制度発表・募集開始。第2流通センターオープン 盗難防止ロック付き車体カバー「B10」新発売
ブラジル・サンパウロ郊外にレッドバロン牧場開設 創立20周年記念セール開始
ニュージーランド合併企業「レッドバロンオークランド」設立・オープン
コンピューター製版システム導入。チラシ印刷の社内一貫生産体制確立
 
1992 タイに現地法人を設立 ジョッキレス給油システム全店配備。「オイルリザーブシステム」開始
 
1993 インターナショナルFC店「レッドバロンブラジル」オープン
 
1994 “夢大陸オーストラリア”ツーリングツアー募集開始
レッドバロンオリジナルマフラー取扱い開始
 
1995 オーストラリアに「レッドバロンリバプール」オープン 全国150店舗達成記念「150km無料ロードサービス」開始
 
1996
インターナショナルFC店「レッドバロンバンコク」オープン レッドバロンオリジナルヘルメット取扱い開始
第八工場完成。集中車検稼動
 
1997
インターナショナルFC店「レッドバロンハンガリー」オープン W90達成。W60に向けスタート
輸入拠点「RC小豆坂」完成
 
1998 あいち印刷(株)と資本・業務提携 「ミニレプリカプレゼントセール」の年中セール化
エンジン再生工場として「第九工場」稼動開始 全国直営200店舗によるロードサービス体制完成
「200km無料ロードサービス」開始
 
1999 研修施設「レッドバロンテクニカルセンター」稼動開始 北海道無料ロードサービス開始
 
2000 「パーツショップ日名橋」オープン
パーツ流通基地「パーツセンター岡崎」稼動開始
子会社(機能法人)17社を吸収合併
 
2001 会員制ライダー専用宿泊施設「バイクステーション福岡」オープン 「ツーリングロードサービス」開始
「タイ料理レストラン ナムチャイ」オープン レッドバロン会員専属工場「プライベート工場」運用開始
 
2002 本社工場(通称BC藤川)稼動開始 24時間ロードサービス受付を開始
「全店直営化」9月達成 二輪専用として開発したレッドバロンオリジナル「ロードサービス用クレーン」導入開始
社内の整備学校「二輪整備専門スクール」開校 タイヤ充填用「窒素ガス充填設備」全店設置
「バイクステーション釧路」オープン
 
2003 カスタマイズプロデュース会社「(株)アールデザイン」設立 「バッテリー下取セール」開始
プライベートカスタムブランド「REDBRO」創設 レッドバロンオリジナルグラストラッカー「アイスマン」発売
 
2004 「株式会社レッドバロン」に社名変更。本社を岡崎市藤川町に移転 タイツーリングツアー募集開始
ハンガリーに「レッドバロン ジュール」オープン 念願のW60達成。W30に向けスタート
「バイクステーション稚内」オープン ツーリング用回数制限なしの無料出張引上「全国ツーリングロードサービス」を開始
「バイクステーション幕張」オープン
360日サービス工場体制がスタート
 
2005 業界初、深夜受付できる「ロードサービス相談室」稼動開始 無料ロードサービス付帯「ゴールドカード会員制度」開始
水曜定休制導入。火曜日のロードサービス体制拡充 ホンダ、ヤマハ国内新車の3年保証開始
外車、逆輸入車の2年保証開始
2006 店舗併設マンション「ライダーズマンション練馬」誕生 映像通信技術指導システム「オンラインチューター」運用開始
二輪専用サーキット「那須モータースポーツランド」オープン オートバイによる出張修理を運用開始
「バイクステーション倉敷」オープン GO(ジーオー)ツーリング企画スタート
「ナムチャイ豊田」オープン
 
2007 韓国二輪メーカー「ヒョースン」取扱い開始 永久無料・距離無制限の「ツーリングサービス」提供開始
最高ランクの保険代理店資格「J特級」取得 那須モータースポーツランドにて「ライディングスクール」開催開始
夜間ロードサービス向け「バイクホテル」設置開始
 
2008 「カイザーベルク城ヶ崎」「ナムチャイ城ヶ崎」同時オープン 独自のパーツ供給システムによる「修理保証制度」を運用開始
「100,000人免許応援キャンペーン」スタート
 
2009 「バイクステーション岡崎」オープン 業界初の中古車「フェニックス」誕生
「カイザーベルクびわ湖」オープン 悲願のW30達成。ロードサービス到着までの平均時間が30分を切る
「カイザーベルク阿蘇」オープン 本社工場見学を開始
「全国直営300店達成記念セール」実施
 
2010 ハンガリーに 「レッドバロン ペーチ」 オープン 盗難防止への取り組み強化に向け「盗難保険制度」大改定
「那須MSLサイドカーライディングスクール」開催開始
「那須MSLライディングジム」を運用開始
第二弾「150,000人免許応援キャンペーン」スタート
 
2011 「ナムチャイ所沢」オープン フリーペーパー『R★B』を創刊。発行部数100万部
 
2012 「集成館」稼働開始 「サーモスーツ」導入開始
 
2013 「カイザーベルク三河・寺部海岸」オープン 「フレーム適合検査済証制度」開始
 
2014 「カイザーベルク御宿・月の沙漠」オープン 「フレーム検査付車検」スタート
  「ライディングスクール岡崎」オープン  
 
2015 「バイクステーション帯広」オープン 第三弾「200,000人免許応援キャンペーン」スタート
      新安全基準「譲渡車検」開始