レッドバロンの中古車はフレーム適合検査済み!

フレーム適合検査済証制度:「フレーム適合検査済証制度」を支えるレッドバロンの取組み

バイク図目視チェックだけでは見つけられない
ホイールアライメントの歪み

一見すると問題がないように見えるホイールアライメントでも、見えないわずかな歪みや異常が走行に影響を及ぼしてしまう場合があります。しかし、フレームやホイールアライメントを測定する機器を設置している販売店は少なく、車検の検査時にもフレームの検査項目は無いため、自分が購入したオートバイの安全を確認するのは難しいというのが現状です。


機器によるホイールアライメントの測定と整備履歴の蓄積

お客様に安心してオートバイに乗っていただくためには、1台でも異常の見落としがあってはなりません。そのため、レッドバロンでは20年以上も前からコンピュータ総合診断機「ACIDM(アシダム)」を営業店に導入し続け、フレーム測定が可能な全ての中古車について、フレームの目視チェックとACIDMによるホイールアライメント測定を実施してきました。その測定結果を整備データとして長年蓄積。全国のレッドバロン店で共有し、確認できるシステムを構築しました。


ACIDAM測定これにより、安全性に関する正しい情報(フレームの計測数値や整備履歴)を基にフレームに保証をつけて販売できる「フレーム適合検査済証制度」の実現に繋げました。


車検時にフレームチェックできるのはレッドバロンだけ

レッドバロンでは、ご購入後も安心してお乗りいただくために車検時にフレーム検査(ホイールアライメント測定・ディスタンス測定)を無料で実施しています。

詳しくはこちら

今後も二輪業界のリーダー企業として、より高品質の中古車をご提供できる環境構築を推進してまいります。

 

 

【フレーム適合検査済証制度】
フレーム適合検査済証制度とは…
「フレーム適合検査済証制度」の内容詳細
「フレーム適合検査済証制度」を支えるレッドバロンの取組み
買取査定時のフレーム調整費用はレッドバロンが負担します!

>新卒採用

>中途採用
・営業
・整備士
 整備士資格をお持ちのかた

・整備士候補
 整備士資格をお持ちでないかた


>二輪整備専門スクール
整備士資格をお持ちでなくても
プロになる夢を応援します