• HOME
  •  > 2011
  •  > Boys, Be Ambitious 075 2011 全日本 開幕戦 in 茂木
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE Twitter mixiチェック

Boys, Be Ambitious 075 2011 全日本 開幕戦 in 茂木

2011.07.30

 
ちゃお、とぅってぃ!!チームノビー監督のノビーです!!
さて怒濤の3連チャン第2弾はもてぎで行われました全日本もてぎです!!

さていよいよ全日本J-GP3がもてぎで開幕しました。
 
 
 
heartb_075_02.jpg
 
ちーのび軍団はタケ以外はバルセロナからのフライトが名古屋に着くと同時に茂木へと向かう強行スケジュール!!
監督のガラスの腰は果たして最後まで持つのでしょうか?(笑)。
Boys, Be Ambitious 075 2011 全日本 開幕戦 in 茂木
事前テストでは、イマイチの走りだった二人(ToT)ですが、俊也は前週カタルニアサーキットで行われたスペイン選手権での良い流れを、タケは日頃のトレーニングをこなしてきた自信を持って、気合い十分で茂木に乗り込みました。
 
heartb_075_03.jpg
heartb_075_04.jpg
さあ、開幕戦のスケジュールです。
 
7月1日<金曜日> 30分のフリー走行が2本
7月2日<土曜日> 8:30~ 40分の公式予選
7月3日<日曜日> 12周の決勝レース
 
こうして改めて見ると、決勝レースの距離も含めて走行距離が意外と少ないことに気付きます。
もう少し増やしてほしいものです。
まあ、文句を言っても仕方ないですが、少ない走行を有効に使うには、やはり最初の走行から流れをつかんでいかないとウィークはあっという間に終わってしまうことになります。
それと明確な課題も持たないとね。
 
heartb_075_05.jpg
 始まった金曜日のフリー走行一回目。
時間帯は予選と同じ朝の8時半から ということで、当然予選を見据えたセットアップを進めていく作業となるのですが、それ以前に2人ともなかなかタイムを詰めていくことができません。
事前テストでの仕上がり不足が早くも露呈してしまったのか?
シュンもタケも5秒台という自己ベストに遠く及ばないタイムで終了してしまいます。
 
heartb_075_06.jpg
午後の走行でもかろうじて4秒台。
しかしタイムがでていないのはどうやら二人だけではないようです。
新しくなった路面(グリップが上がった)にうまく対応し切れていないという話があちこちから聞こえてきます。
グリップが上がったからタイムが落ちるなんてことは、どうも腑に落ちませんよね?
 
heartb_075_07.jpg
土曜日も早朝から予選が始まりました。
まず俊也が4周目に3秒台前半に入れてきて、いきなり暫定トップに浮上!!
タケもつられるようにタイムを上げ、一時はちーのびのワンツーとなります!!
しかしそう易々とはことは運びません。
 
heartb_075_08.jpg
やはり事前テストから好調な徳留選手が最終的には唯一人2秒台に入れてポールをゲット。
タケは3秒フラットまでタイムを上げて3位。
シュンは4周目のタイムを更新することができずに5位で予選を終えます。
 
heartb_075_09.jpg
 予選を終えての監督的感触は、2人とも目標タイムはクリアできていませんが、今回のレースという流れで考えると、ライバルたちに決してひけを取っているわけではなさそうです。むしろアベレージでいうと2人ともトップ争いに加わることが予想できる予選となったのです。
 
heartb_075_10.jpg
 迎えた決勝。いきなり俊也をアクシデントが襲います。
サイティングラップを終えてグリッドに付き、選手紹介も一通り終わってウォームアップラップへと入っていったのですが、何と後続の選手に追突され、チャンバーを破損してしまったのです。
テールパイプが曲がってしまい激しいデトネーションに襲われながらも何とかピットへと辿り着いたのですがグリッドにはもちろん並べず、無情にもレースは俊也をピットに置き去りにしてスタートします。
 
heartb_075_11.jpg
急いでチャンバーとサイレンサーを交換して何とかスタート。
しかしコースインした俊也の横をトップの仲城選手が通り過ぎ俊也を2周遅れにしていきます。。。
 
 一方のタケはスタートもそこそこに決め、予定通りトップ争いに絡みます。
一時はトップにもたったのですが、グループの最後尾につけた4周目の4コーナーで大ハイサイドに見舞われ一気に後退。
その後は追い上げてきた山田選手、藤井選手に飲み込まれ3台の4位争いをしながら周回を重ねていきます。
 
heartb_075_12.jpg
トップグループはタイムを2秒台に入れる中、4位グループは3秒台から4秒台へとペースを下げてしまう中、タケは見るからに苦しそうな走り。
向けた最終ラップ。3台横並びでゴールラインをまたいだ4位グループでしたが、写真判定の結果、タケは5位で開幕戦を終えることとなりました。
 
heartb_075_13.jpg
パリっとしない印象の全日本開幕戦でしたが、うだうだ言ってはいられません。
結果を真摯に受け止め、再度課題を洗い直し前へと進むのみ!!
翌週はアルバセテへと向かうちーのび軍団なのでした!!
 
heartb_075_14.jpg