2012年

第3週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

2012/12/24 カテゴリ:vol.93 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

絶景の道 森山堤防道路♪♪

第3週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

島根半島の東端、美保関灯台で踵を返し、中海(なかうみ)に戻ってきました。今度は湖の北から走って、江島、大根島(だいこんじま)と巡ります。
中海を干拓するために作られた堤防(森山堤防)の上を走る県道338号線はもともと堤防なので、起伏のない直線がつづく快適な道。右手に中海、正面には午前中に渡った江島大橋の真横からの美しい姿を見せています。さらにその奥には大山の雄姿が…。素晴らし! 360度の視界に青い空、刻一刻と彩が微妙に変化する中海、そして大山の雄姿、森山堤防道路はオススメです。

第2週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

2012/12/16 カテゴリ:vol.93 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

潮風に吹かれて美保関灯台へ♪♪

第2週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

妖怪ワールドを抜け出して島根半島の東の端、美保関灯台に向かいます。境港市は水木しげるの出身地ということで、すっかり“妖怪の町”になっていますが、山陰沖で捕れた新鮮な魚介類が集まる活気のある漁港でもあるんです。特にカニ(松葉ガニと紅ズワイガニ)の水揚げは日本一。そんな“潮の香り漂う町”の雰囲気を愉しみながら境港を出発です。

第1週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

2012/12/09 カテゴリ:vol.93 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

妖怪ワールドへいざ♪♪

第1週 瀬川 夏未の「山陰地方ツーリング」

今月と来月は夏未がナビゲート。向かったのは島根県と松江。初めての山陰地方のツーリングです。松江を起点に初冬の島根半島と出雲平野をゆったりと走ってきました。宍道湖や出雲神社などメジャーな名前は耳にしていますが、訪れるのは初めて。どんな道や人と出会えるのか、ワクワクドキドキの第一週目、スタートです。

第8週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/11/25 カテゴリ:vol.92 古澤 恵の「呉ツーリング(後半)」

とびしま海道走破♪♪

第8週 古澤 恵の「呉ツーリング」

本州と7つの島を7つの橋で結ぶ「安芸灘とびしま海道」ツーリングもいよいよゴール。最後の島の岡村島に上陸です。走行距離は約31㎞。その間、信号が一つしか無く、交通量も少ないので自分のペースで走る事が出来ます。ツーリングの醍醐味のひとつ、なんにも縛られない自由な感覚、解放館を存分に味わえますね。
また、総延長約3,700mの7つの橋は色も形も様々で、橋の博覧会を観てきた気分です。なんといっても瀬戸内の潮風が心地よい…。走る歓び…感じます。

第7週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/11/18 カテゴリ:vol.92 古澤 恵の「呉ツーリング(後半)」

江戸と大正ロマンの御手洗町でまったり♪♪

第7週 古澤 恵の「呉ツーリング」

上蒲刈島の県民の浜を出発。島の東端、大浦トンネル抜けると目の前に“バーン”と豊島大橋です。インパクトある出現です。姿も美しい! 2008年完成で、とびしま海道の中で一番新しく、この橋の開通で7つの島が繋がったそうです。
渡った豊島は小さな島、あっという間に駆け抜けて4つ目の豊浜大橋を渡ります。こちらも橋脚が高く視界が開けているので気持ちよいです。姿も美しく「画」になる橋ですね。上陸した大崎下島の東端にちょっと気になる町、御手洗があります。瀬戸内の心地良い潮風を浴びながら向かいます。

第6週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/11/11 カテゴリ:vol.92 古澤 恵の「呉ツーリング(後半)」

内緒にしておきたい温泉とビーチ♪♪

第6週 古澤 恵の「呉ツーリング」

とびしま海道で一番大きな島、上蒲刈島を横断します。目指すは島の東部にあるリゾート「県民の浜」。ルートは北周りと南周りがありますが、選んだのは南周り。いくつかある町はすべて北ルート沿い。南側には有りません。ですので出会う車もほどんど無し、信号も無し。「県民の浜」まで約7㎞をノンストップで快走できるシーサイドロードです。

第5週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/11/04 カテゴリ:vol.92 古澤 恵の「呉ツーリング(後半)」

潮風が心地良い安芸灘とびしま海道♪♪

第5週 古澤 恵の「呉ツーリング」

いよいよ、瀬戸内海の島を結ぶ「安芸灘とびしま海道」に入ります。この海の道は呉市本土から下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島、平羅島、中ノ島、岡村島を経て「瀬戸内しまなみ海道」の大三島まで、本土と8つの島を7つの橋で結んでいます(岡村島から大三島まではフェリー)。7つの橋は吊り橋、トラス橋、斜張橋、アーチ橋とその姿は様々。普段なかなか目がいかない橋の姿の違いを楽しめます。

第4週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/10/28 カテゴリ:vol.91 古澤 恵の「呉ツーリング」

久しぶりのスカイライン♪♪

第4週 古澤 恵の「呉ツーリング」

呉ツーリングの4回目は一旦市内に戻り今度は東に向かいます。目指すは野呂山。国道185から県道279に入り瀬戸内海に添って走ります。潮風を受けながら走るシーサイドの道は開放感一杯、走っても走っても飽きること無いです。前方に安芸灘大橋が見えてきました。大きい! 後で走ります、楽しみ! 野呂山は標高842m、山頂付近に高原ロッジやキャンプ場を備える高原リゾート。そこからの眺めは瀬戸内の島々を一望。天気の良い日は四国山地も見える絶景ポイントです。

第3週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/10/19 カテゴリ:vol.91 古澤 恵の「呉ツーリング」

瀬戸内の自然と文明と...♪♪

第3週 古澤 恵の「呉ツーリング」

海辺の海鮮市場を出発、空は快晴!牡蠣筏が浮かぶ碧い海を眺めながら島の北部にある砲台山公園に向かいます。ルートは一旦南に向かい鹿川港に出ます。この港の先には是非立ち寄ってください。石油貯蔵の巨大なタンク群の中を通り、さらに船の墓場と言われている解体場の脇を走ります。瀬戸内の美しい自然と人工物の石油のタンクや大型船の処分場の混在は珍しい景観です。なんだかいろいろ考えさせられます。

第2週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/10/14 カテゴリ:vol.91 古澤 恵の「呉ツーリング」

瀬戸内海の風に吹かれて♪♪

第2週 古澤 恵の「呉ツーリング」

呉から瀬戸内海を巡るツーリングの2回目は音戸の瀬戸からから江田島まで走ります。まずは音戸大橋。真紅の橋は両端にあるループに注目!かなり楽しいですよ。橋を渡って倉橋島に上陸。島の北側を走ります。最初のセブンイレブンには是非寄ってみてください。駐車場から珍百景を観ることができます。沖合100mに浮かぶ真っ白な島、三子島です。塩の保管場所になっているそうで、かなりレアな光景です。

第1週 古澤 恵の「呉ツーリング」

2012/10/07 カテゴリ:vol.91 古澤 恵の「呉ツーリング」

呉ツーリングスタート♪♪

第1週 古澤 恵の「呉ツーリング」

広島の呉にやってきました! 呉といえば「海軍の街」であり、古くは平清盛の縁の地として有名な場所です。港には艦船や潜水艦やドッグや工場が並び人工的なダイナミックな景観に圧倒されますが、市内を離れると一転、瀬戸内海の美しい自然の姿に感激します。今回は呉を起点として江田島方面と下蒲刈島のとびしま海道方面の2エリアをツーリングし、呉の歴史と瀬戸内海の自然に触れたいと思います。

第8週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/09/30 カテゴリ:vol.90 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング(後半)」

霧の八ヶ岳エコーライン♪♪

第8週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

八ヶ岳の南端の山腹を走る「八ヶ岳高原ライン」から山麓を走る「八ヶ岳エコーライン」に入ります。正式名称は「八ヶ岳西麓広域農道」、富士見町と茅野を結ぶ全長16.2㎞の田園の中の道。前も後ろも右も左も絶景の2車線の快適な道。八ヶ岳はもちろん、南アルプスも富士山も見えます!でも今回はあいにく霧模様の天気…残念。でもムービーには晴れた時の風景が入っていますのでお楽しみに!

第7週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/09/23 カテゴリ:vol.90 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング(後半)」

ワイルドなマダギ料理に舌鼓♪♪

第7週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

プチトレッキングを終えて八ヶ岳高原ラインを小渕沢方面に進みます。山の天気は変わりやすいと言いますが、あっという間に霧に包まれてしまいました。晴れていれば見えたはずの、東沢大橋からの絶景や、標高 1100~1200mの高原に広がる八ヶ岳牧場のひろーい緑の牧草地など、八ヶ岳高原ラインのハイライトが霧の中となってしまいました。残念。でも次のランチスポットはとても楽しみなお店です。

第6週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/09/16 カテゴリ:vol.90 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング(後半)」

美し森山でプチトレッキング♪♪

第6週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

県道26号で清里方面に向かいます。清里駅前から県道11号に入るとここからが「八ヶ岳高原ライン」。霧に包まれた森の中の直線を真っ直ぐ赤岳に向かって登って行きます。
美ヶ森交差点を直進し(一旦、八ヶ岳高原ラインとお別れです)、少し走って美し森山の駐車場に到着。駐車は無料、売店に観光案内所、トイレがあるので休憩に使えます。ここでバイクを降りて美し森山山頂までプチトレッキングに行きます!

第5週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/09/07 カテゴリ:vol.90 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング(後半)」

八ヶ岳のベストビューポイント!♪♪

第5週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

野辺山に来たら是非立ち寄って欲しいのが平沢峠(標高1450m)。八ヶ岳を望むベストビューポイントです!全景が綺麗に見渡せます。自然の造形の素晴らしさを感じることができます。感動間違いなしです。場所はちょっと判りにくいですが野辺山スキー場(現在閉鎖中)を目指すと迷いません。

第4週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/08/26 カテゴリ:vol.89 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

爽やか!野辺山高原♪

第4週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

滝沢牧場を出て野辺山高原を走ります。牧場とともに有名なのが高原野菜。年間平均気温6.9℃と冷涼な気候を生かしてキャベツにレタス、ハクサイ等が栽培されています。辺り一面に拡がる広大な畑の中には農道がたくさんあります。ちょっと脇道に入ってのんびりと畑の中を巡ってみました。

第3週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/08/20 カテゴリ:vol.89 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

ジョッキで「クー!」♪♪

第3週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

足湯でリフレッシュし野辺山に向けて出発。佐久甲州街道に合流するまでは下りが続くのでブレーキングに注意してくださいね。古来、小諸と山梨の韮崎を結ぶ幹線の佐久甲州街道はトラックがビュンビュン飛ばしています。慎重に運転しましょう。峠道を上って野辺山高原に入ると風景が一変。八ヶ岳を望むダイナミックな景色がバーンと現われます。ワオー!

第2週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/08/10 カテゴリ:vol.89 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

日本一の白樺林を快走♪♪

第2週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

白駒池を出発し再びメルヘン街道を走ります。向かったのは自然豊かな北八ヶ岳の東麓に広がる八千穂高原自然園。約200haの敷地に50万本の白樺林は優雅さと気品に溢れています。「日本一美しい白樺群生地」の称号にふさわしい自然園です。街道から直ぐ入れるので是非立ち寄って、白樺林の中を走ってみてください。

第1週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

2012/08/05 カテゴリ:vol.89 瀬川夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

夏の八ヶ岳ツーリングスタート♪♪

第1週 瀬川 夏未の「夏の八ヶ岳ツーリング」

今週からは夏未が夏の八ヶ岳をぐるっと右回りで一周します。茅野をスタートして、メルヘン街道~佐久甲州街道~清里ライン~八ヶ岳高原ライン~八ヶ岳エコーラインとメジャー級のツーリングコースを走って再び茅野まで、約150㎞の旅。
まずはメルヘン街道。佐久穂町まで続く北八ヶ岳を横断する全長38km の山岳ドライブコース。最高地点は麦草峠付近の標高2,127m、茅野が標高950メートルなのでおよそ1,200mを一気に駆け上ります。ちなみに国道としては渋峠(2,172m)に次いで2番目に標高が高い。気温も一気に10度以上下がり、まさにパラダイスです。

第9週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

2012/07/27 カテゴリ:vol.88 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

お約束の「股のぞき」♪♪

第9週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

京都縦断ツーリングもいよいよ最終回。丹後半島の天橋立がゴールです。ソウルフード絵里奈を後にして宮津市内を遊回。城下町として栄えた宮津は「旧三上家住宅」などの商家、日本に現存する2番目に古いカトリック天主堂、寺町界隈の仏閣などの風格ある建築物が多く残っています。サッと通り過ぎるにはもったいない町です。

第8週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

2012/07/22 カテゴリ:vol.88 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

宮津のソウルフードを堪能♪♪

第8週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

大江駅前の鬼瓦公園を出発。府道9号で丹後半島を目指します。この道は宮津街道ともよばれ、福知山と北前船も立ち寄る宮津港町を結ぶ主要街道。丹波から京都・大阪につながる物資流通の重要な街道でした。また酒呑童子をはじめ3つの鬼退治伝説が残る神秘的なエリアでもあり、鬼茶屋、鬼の岩屋などの地名が今も残っています。大江山の山麓には「日本の鬼の交流博物館」があり周辺にはそこここに赤鬼や青鬼たちが潜んでいます。

第7週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

2012/07/13 カテゴリ:vol.88 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

迫力満天! 鬼瓦に鬼饅頭♪♪

第7週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

綾部から鬼伝説の里大江に向かいます。ルートは府道72、492と山間部のルートをチョイス。しばらく並走してきた由良川から離れると緑が沸き立つ風景に変わりました。マイナスイオンをたっぷりと浴びて国道175に合流。大江の町に入りました。うーん!さすが、鬼伝説の里です。そこここに鬼が出没しています。

第6週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

2012/07/06 カテゴリ:vol.88 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

歴史の城下町福知山でまったりスイーツ♪♪

第6週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

大野ダムを出発し、由良川に沿って綾部までやってきました。由良川は京都府と滋賀県境の三国岳を源とし北流して日本海に注ぐ川。延長146キロメートルで、今回のツーリングはその半分ぐらいをこの河に沿って走っています。福知山盆地までくると川幅も広がり、景色も雄大になってきました。綾部から福知山までは主に2ルートありますが、より由良川に近い中丹広域農道がオススメ。田園の中に直線が続き開放感に溢れています。

第5週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

2012/06/29 カテゴリ:vol.88 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

何度も走りたい「美山かやぶき由良里街道」♪♪

第5週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング(後半)」

今週から京都縦断ツーリングの後半スタートです。「かやぶきの里」から「大野ダム公園」までの約20キロをご紹介。このルートは「美山かやぶき由良里街道」として全国96ルートある日本風景街道のひとつに認定されています。走ると判りますが看板に偽りなしの道。ゆったりと流れる由良川のリズムに合わせて走ってみてください。きっとまたひとつ日本の魅力を発見します。
 

第4週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

2012/06/22 カテゴリ:vol.87 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

日本の原風景でほっこり♪♪

第4週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

美山ふれあいの里を出発。すぐに府道38に入り「美山かやぶきの里」に向かいます。この道は別名「美山かやぶき由良里街道」呼ばれ、由良川に沿って里山を駆け抜ける道。山、川、田んぼに田畑に集落と目に入るすべてにノスタルジーを感じる風景が続きます。なかでも「美山かやぶきの里」は別格。視界に入った瞬間、「あ~ここなのね~」と感じます。

第3週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

2012/06/15 カテゴリ:vol.87 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

アイスクリームのハシゴです♪♪

第3週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

京都縦断ツーリング3回目、周山街道を北山から美山まで走ります。まずは北山から5㎞の栗尾峠。急カーブの連続する難所のひとつですが、眼下に京北の町を見下ろせる絶景ポイント。ゆっくり走って景観を楽しんでください。運が良ければ雲海に遭遇できるようです。峠を越えて「道の駅ウッディー京北」で一休み。恒例のご当地ソフトは…。ありました!京唐菜のアイスクリーム。珍しですね。京都ならではです。

第2週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

2012/06/09 カテゴリ:vol.87 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

京の都を後にして、周山街道へ♪♪

第2週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

菖蒲が丘展望台を出発し、高雄から周山街道に入ります。この道は京都から若狭の小浜まで続いており、古来、鯖や塩など若狭湾の恵を京の都に運んだ“鯖街道”の一つです。今回のツーリングではこの街道を丹波の美山町まで走ります(今週は高雄から20㎞程の北山周辺までを紹介します)。
北山は杉の産地(北山杉)として有名ですが、杉の木が整然と並ぶ美しさはこの街道の特長のひとつです。手つかずの大自然の偉大さでなく、人の手を入れた大地の美しさを感じることができます。日本代表する画家の東山魁夷が題材に取り上げたのも不思議ではありません。

第1週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

2012/06/05 カテゴリ:vol.87 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

京都府縦断ツーリング スタートです♪♪

第1週 古澤 恵の「京都府縦断ツーリング」

2ヶ月振りに古澤恵の登場です。今回、彼女がやって来たのは日本を代表する古都、京都。市の中心部京都駅前をスタートして北上。美山、綾部、福知山と経由し丹後半島の付け根、天橋立までの京都府縦断の旅を紹介します。古都のしっとりした趣、なつかしい農村の風景、歴史ある街道、なんだかホッとする里山など「日本の美」を堪能するツーリングです。

第7週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/05/20 カテゴリ:vol.86 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

房総半島ツーリング最終回♪♪

第7週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

房総半島の旅もいよいよゴール。白浜の野島埼灯台からゴールの館山に向かいます。ルートは日本の道百選のひとつ「房総フラワーライン」。海岸沿いで太平洋を間近に感じられる道です。この時期は沿道の菜の花が美しいのですが、野島埼でのんびりしすぎたため夕闇せまる中咲き乱れる菜の花はぼんやりになってしまったのが残念。でも暮れゆく太平洋の眺めは素敵でした。

第6週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/05/12 カテゴリ:vol.86 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

快走!安房グリーンライン♪♪

第6週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

道の駅鄙の里(ひなのさと)を出発し、安房グリーンラインで白浜の野島崎灯台まで走ります。2010年春に開通した安房グリーンラインは南房総を南北に縦断する農業振興のための道路。田畑や丘陵地帯を抜ける道は交通量が少なく信号もコンビニも無く、のんびり走れるゴキゲンな道です。「○○スカイライン!」のような「どうだ!」的な自己主張は無く、野に咲くかすみ草のような存在の道です。

第5週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/05/05 カテゴリ:vol.86 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

何度も来たい!ビンゴバーガー♪♪

第5週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

房総半島ツーリングも中盤。大山千枚田から県道88に入り南下します。山里を走るこの道は菜の花や梅の花に彩られ、田舎の風情を満喫できます。のんびり走ってたどり着いたのは道の駅三芳村鄙の里(ひなのさと)。田園風景を眺めながら足湯を楽しめる長閑な道の駅です。また、酪農王国である千葉らしく、自前の乳製品の工場があって おいしいミルクやソフトクリームが楽しめるのも魅力。

第4週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/04/28 カテゴリ:vol.85 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

大切にしたい日本の風景 大山千枚田♪♪

第4週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

 

房総半島編の4回目。県道92(久留里近辺)から国道410と繋ぐ「房総半島ど真ん中ツーリング」です。千葉には標高の高い山はないので厳しいカーブはありません。のんびり走れる私向きの山道ですね。山間を抜け「みんなみの里」でスイーツプチ休憩。季節限定の黒豆ソフトはなかなかいけます。血糖値回復して長狭街道へ入ります。目指す大山千枚田はもうすぐそこです。

第3週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/04/21 カテゴリ:vol.85 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

小湊鉄道とランデブー♪♪

第3週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

高滝湖のマッカン公園を出発、房総半島の真ん中の養老渓谷に向います。主に養老川沿いを南北に走る清澄養老ラインを通りますが、なるべく小湊輝道に沿って走ろうと、ところどころ脇道へ。車一台がやっと通れるワイルドな林道はかなりドキドキです。雨や夕暮れ時は避けてくださいネ。

第2週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/04/13 カテゴリ:vol.85 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

マッカン公園で一休み♪♪

第2週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

千葉房総半島の旅、2回目は太東岬から高滝湖まで山里を走ります。前週の海沿いの風景から一転、内陸部の高滝湖を目指して田園風景の中を駆け巡りました。高滝湖は亀山湖と並ぶ千葉県下で有数のダム湖。湖畔には記念館や水生植物園などの施設があって、湖の歴史に気軽に触れることができます。

第1週 瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

2012/04/07 カテゴリ:vol.85 瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」

ツーリングシーズン開幕!春の九十九里♪♪

第1週  瀬川 夏未の「春の房総半島ツーリング」

春です、待ちに待ったツーリングの季節がやって来ました!ということで4月と5月は瀬川夏未の「春の房総半島ツーリング」を紹介。スタートは九十九里町、海岸沿いや内陸部をクネクネと走って南房総の館山まで約200キロの旅です。相棒はいつものヒョースンGV250。今週は1回目として九十九里有料道路で大東岬まで走ります。

第8週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/03/23 カテゴリ:vol.84 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

あ~富士山は「やっぱり日本一」♪♪

第8週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

小田原を出発し、海沿いを走った伊豆半島ツーリングの最終回は松崎からだるま山まで走ります。このルートは「富士見絶景ロード」と呼びたいですね。雪化粧の富士山に駿河湾の碧い海、どこまでも澄んだ青い空…。自然が織りなす美しさに圧倒されます。思わず口に出る言葉は「あ~富士山はやっぱり日本一!」

第7週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/03/16 カテゴリ:vol.84 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

伊豆文邸の足湯でほっこり♪♪

第7週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

弓ヶ浜から国道136号線に入ります(小田原からずーっと走ってきた国道135号線は下田が終点、西伊豆へは通称マーガレットラインの国道136号線になります)。しばらく里山の中を駆け抜け再び海沿いにでます。東伊豆の国道135号線に比べ交通量が少なく高度感があるので走りはこちらの道の方が楽しめます。

第6週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/03/10 カテゴリ:vol.84 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

弓ヶ浜で伊勢エビラーメン♪♪

第6週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

稲取を出発、再び国道135号線を走って南伊豆の弓ヶ浜を目指します。空は青く海は碧い。日差しはやさしく風も穏やか。サイコーのツーリング日和です。国道135号線の沿道にはビーチがたくさんあります。なかでも中伊豆から南伊豆には美しい白浜が多いです。有名な今井浜や白浜、そして今回立ち寄った弓ヶ浜は、白砂とヤシの木に弓なりの海岸線ががとても印象的なビーチです。

第5週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/03/02 カテゴリ:vol.84 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

日溜まりでみかん狩り♪♪

第5週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

カイザーベルク城ヶ崎から稲取に向かいます。国道135は小田原から下田までほぼ海沿いですが、伊東から稲取間はより一層波打ち際に近づくスポットがあり、大海原がより間近に迫ってきます。海と一体感を感じる道です。また、赤沢、北川、熱川、片瀬白田といくつか町を抜けますが、どれにも温泉がある。さすが伊豆!国道135は温泉街道です。今回は先を急ぎますが、いつか「国道135温泉制覇ツーリング」をやってみたいですね。

第4週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/02/25 カテゴリ:vol.83 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

温泉とタイ料理でまったり♪♪

第4週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

城ヶ崎海岸を出発。別荘が立ち並ぶ小道を抜けて国道135に出ます。向かったのはカイザーベルク城ヶ崎。伊豆高原駅横の踏切を抜けて再び別荘エリアへ。この辺りは緑が多くしっとりと落ち着いた雰囲気。こじゃれたカフェや陶芸工房などがあって、歩いてみるのも楽しそう。ワクワクキョロキョロしながらカイザーベルク城ヶ崎に到着。ワー!高級感漂うエントランス!期待できます。

第3週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/02/17 カテゴリ:vol.83 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

県道109を走ろう♪♪

第3週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

川奈からは国道135の裏道になる県道109で城ヶ崎海岸へ向かいます。道が狭いので対向車など注意が必要だけど、車が少ないし、海が近いので国道に比べ快適。桜の並木道、昔ながらの旅館や民宿が集まる古い町並みが残る富戸の漁港等、「リゾート伊豆高原」とはまた違う表情がうかがい知れます。城ヶ崎海岸に立ち寄る予定なら絶対この道の方がオススメです。

第2週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/02/10 カテゴリ:vol.83 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

ワイルドランチ♪♪

第2週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

熱海を出発し国道135で伊東に向かいます。この区間は太平洋とともに快適にクルージングできます。波打ち際だったり、高台だったり、松林だったり、フェニックス並木だったり、とっても変化富んでいてまったく飽きません。網代、宇佐美と通り、あっという間に伊東に到着です。

第1週 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

2012/02/03 カテゴリ:vol.83 古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

冬こそ伊豆半島♪♪

第1週  古澤 恵の「冬こそ楽しめる伊豆半島」

今月と来月は古澤めぐみがナビゲート。寒風厳しい季節、なかなか走りに出かけられない方も多いかと。そんな方にオススメの「冬こそ楽しめる!」ルートを紹介します。スタートは小田原、東伊豆から南伊豆、西伊豆と時計回りで海沿いを約200㎞、ヒョースンのGT250Rで走ります。冬の伊豆半島は静かで温かで冬ならではの魅力があります。冬眠しないで伊豆に走りに行こう!

第8週 半島めぐり・渥美半島から知多半島

2012/01/28 カテゴリ:vol.82 半島めぐり・渥美半島から知多半島

本当は内緒にしたい朝市♪♪

第8週  半島めぐり・渥美半島から知多半島

千鳥ヶ浜を出発し、向かったのは師崎漁港の朝市。伊勢湾側の国道247から、知多半島の内陸を走る県道470に入って半島を横断します。再び国道247に出て半島南端の師崎に向かいます。三河湾沿いは対岸の景観が近く、伊勢湾沿いとはまた違った趣きを楽しめますネ。潮風に吹かれながら師崎に到着、近頃人気が高まってきた師崎漁港の朝市を覗いてみます。

第7週 半島めぐり・渥美半島から知多半島

2012/01/23 カテゴリ:vol.82 半島めぐり・渥美半島から知多半島

絵画のような美しさ♪♪

第7週  半島めぐり・渥美半島から知多半島

伊良湖岬から約30分の航海で無事知多半島に到着。ゲートオープンを待つのはドキドキワクワクです。師崎は知多半島の南端の港。このエリアは三河湾と伊勢湾に挟まれ、海水浴・潮干狩り・フルーツ狩りなど、四季折々のビーチリゾートを満喫できます。まず向かったのは国道247を左周りで30分ほどの内海海水浴場の千鳥ヶ浜海岸。オフシーズンですが、是非行ってみたかった場所です。

第6週 半島めぐり・渥美半島から知多半島

2012/01/14 カテゴリ:vol.82 半島めぐり・渥美半島から知多半島

フェリーで知多半島へ♪♪

第6週  半島めぐり・渥美半島から知多半島

渥美半島にお別れしてフェリーで知多半島に上陸します。出航時間まで少し時間があるので周辺を探索しました。田原街道(国道259)の宮下交差点を入ると伊良湖海水浴場に出ます。ここから立馬崎灯台までおよそ10㎞の直線が続きます。しかも信号無し!そして三河湾に浮かぶ敷島、日間賀島や対岸の知多半島の絶景!さらに、三河湾を行き交うタンカーと並走!うーん、なかなかこんな道はありません。“記憶に残る道”です。

第5週 半島めぐり・渥美半島から知多半島

2012/01/06 カテゴリ:vol.82 半島めぐり・渥美半島から知多半島

伊良湖岬の夕陽は滲みます♪♪

第5週  半島めぐり・渥美半島から知多半島

渥美半島の先端にやってきました。伊良湖ビューホテル辺りから伊良湖岬までの区間はトロピカル度がさらにアップ。また、太平洋の荒波を受けて湾曲する美しい砂浜“恋路が浜”を見下ろす大パノラマも楽しめます。短い距離ですがなんだか幸せな気分になれる道です。ここまで走ってきて良かったー!!!